読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓦ジスタがつながる笑顔を創っていくblog

このBlogは、頑張る屋根屋さんの売り上げアップのために、エンドユーザーであるお客様が幸せになるように、あらゆる角度から発信していきます。

ノスタルジーを創ろう。

ノスタルジーという言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか?

 

ボクは、懐かしい思い出とか、少し背伸びした青春時代、今になってようやく好きになった昔の風景。そんなことがなんとなく頭に浮かびます。

 

 

 

ノスタルジー:<nostalgie>

 

 

「望郷」「郷愁」という意味で、過ぎ去った時代を懐かしむ心のこと。遠い懐かしさを感じさせる、 得がたいもの、失われたものなどに対して、心惹かれ、思いを馳せ、憧れや恋しさを抱くさまなどを意味する…。

 

こんな意味だそうです。ググったら出てきました。

 

 

f:id:kawarasista:20160221190019j:plain

 

f:id:kawarasista:20160221190201j:plain

f:id:kawarasista:20160221192238j:plain

 

最後だけボクがiPhoneで撮った写真です。この3つの画像でなんとなく分かってもらえるでしょうか?本当は日頃からそんなイメージの写真を撮り貯めていたらよかったんですけどね。

 

 

 

 

Make Nostalgie ノスタルジーを創ろう。

 

 

ボクは瓦の可能性をここに感じます。

 

風景を創ること

思い出を創ること

 

そんなことです。

 

新建材として様々な屋根材が出てきました。セメント屋根材であったり、ガルバリウム鋼板。その他の材質も出てきました。新しいモノはそれはそれで魅力があると思います。新しいというだけで魅力があったりしますしね。

 

 

 

でも、「新しい」では「懐かしい」は創れません。

 

「新しい」では、遠い懐かしさを感じさせることや、心惹かれ、思いを馳せ、憧れや恋しさを抱くさまなんて出来ません。スクラップ&ビルド、スクラップ&ニューではそんな気持ちを作ることは出来ません。

 

 

 

機能美を伝えることも大切です。でもそれよりも大切なことがあると思います。

 

 

 

街並みがひとつひとつ丁寧に造られる。

それには風景までも設計されている。

人々はそこに愛着と懐かしさを感じ、

いつまでもそこで暮らしていきたいと切に願ってくれる。

 

瓦屋根ってそんな「ノスタルジー」を創る力があると思います。

 

 

 

 

 

ボクら以外では出来ない仕事です。

 

 

 

ボクは瓦の新しい可能性なんて探さなくていいと思ってる。

ずっと受け継がれてきた意味を伝えたらそれでいいと思ってる。

 

瓦は、変わらない。それでいいんだと思います。

 

 

今は伝えることが出来ていない。それだけなんです。

だから、もっともっと伝えていきましょう。

 

 

僕らはエバンジェリスト。伝道師。

伝道師を一人に任せてちゃダメですよ。一人一人が伝える想いも手段も持っているのですから。みんながみんな、自分らしく自分の想いを。自分らしい手段で。

 

 

 

瓦でノスタルジーを創ろう。

 

持続する懐かしさ。

変わらない思い出。

いつでもそこにある風景。

 

そんなん、創りましょう。

 

 

そうすれば、世の中は変わります。必ずいい方向に変わります。

変えるのは、ボクらなんです。

 

f:id:kawarasista:20150925183125j:plain

今日のblog、あなたに届いたでしょうか?