読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瓦ジスタがつながる笑顔を創っていくblog

このBlogは、頑張る屋根屋さんの売り上げアップのために、エンドユーザーであるお客様が幸せになるように、あらゆる角度から発信していきます。

プラスαを考えてみよう

利益を上げたい。これは誰しもが思うことだと思います。中には人手不足でこれ以上は無理なんだって思っている人もいるでしょうけど、その問題が解消されれば、売り上げは上げたいと思っているのではないでしょうか?

 

ではどのように利益を上がればいいのでしょうか?まず、売り上げと利益は意味が違いますので、僕はこのblogでは「利益」を上げることを書いていきたいと思います。

 

人手不足でこれ以上は無理なんだって思った人は、おそらく屋根の職人不足、これを考えられたのだと思います。売り上げを上げたら大変だと思ったのではないでしょうか?

 

でも、利益だけを上げるイメージだとどうでしょうか?

 

ん? って思いましたか?

 

利益を上げるにはこんな方法があります。例えば、単価を上げる。これはそうですよね。100万円のモノを200万円で売れば当然利益は出ます。屋根でも同じです。当たり前ですよね。

 

でも、おそらくあなたには無理です。おそらく今適正な金額を出しているのだろうし、儲けたいからちょっとだけ値段を釣り上げるなんて、良心が許さないのではないでしょうか?どんなに人と違う価値を提供出来ても、どこかしっくりこないところがあるのではないでしょうか?

f:id:kawarasista:20150927175158j:plain

僕は超一流職人だから、人の倍貰います。は言えません。(これが言えればそれはブランド力になります)この方法は僕には出来ません。

 

 

 

ここで考えて欲しいのが「アップセル」です。

 

アップセルとは今提供しているモノをより上位のモノを売ることです。

 

例えば、鬼。普通の鬼よりもちょっといい鬼を提案する。

棟の使用もそうですね。

換気棟はどうですか?毎回提案してますか?(僕出来てないです・・・)

 

お客さんに上位のモノがいいとしっかりとその価値を伝えることが出来れば、利益は変わってきます。一件一件では微々たるものかもしれませんが、一年通して考えると大きく変わっています。ぜひ考えてみてください。

f:id:kawarasista:20150927174931j:plain

 

ここで、見積もりが大事になってきますね。最初から一番上位の見積もりをしてそこから話をして下位互換していくのか、それとも最初は安くしておいて上位互換するとこのような値段になりますよと伝えるのか? 

これは本当にお客さんによると思います。お客さんの属性を考えながら提案してみてくださいね。

 

 

もう一つ、

 

他に提供出来るものはないか?

 

実は今日のblogで書きたかったのはこっちでした(苦笑)

 

僕らは屋根屋ではありますが、葺き替え時に何か他に提案出来るものはありませんか?あなた自身が何かを提供するわけではなく、誰かの協力を仰いでしてもらってもいいんじゃないですか?

 

f:id:kawarasista:20151214064315j:plain

 

こう思ったらその手段は無数に広がっていきます。一般のお客さん、屋根のリフォームだけでなくどうせこの機会だからがっつりリフォームやろうって思う人、多いですよ。

 

その仕組みをどう創るかです。